▲Page Top

Recodis®


		それは、ネイティブ4K映像を従来の幕面に映し出すことから始まった。
		試作を重ねた数だけスクリーンと正面から向き合い対話する。
		Recodisシリーズは、職人が一枚一枚、自らの手で塗り上げ、機械では作り出せない表情を作り出します。
		スペックでは語りきれない映像美を是非体験してください。

ホームシネマのために私達がやるべき「挑戦」それがRecodis

STORY

2009年そのプロジェクトは社内のごく一部のスタッフのみで企画がスタートしました。
2005年当時に発売した幕面「ホワイトマットアドバンス」が業界、ユーザーからも高い支持を得ていたものの、新製品の開発は停滞していました。
そんな中、1つのひらめきがこの壮大なプロジェクトをスタートさせるきっかけとなったのです。
キクチ科学研究所には映画館のスクリーンを手掛けてきた職人がいます。その技術を活かして ワン&オンリーのホームシアタースクリーンが作れるのではないだろうかと考えたのです。 そもそも、映画館のスクリーンは職人が手塗りで塗布しています。同じことを家庭用にアレンジできないだろうか。
「ホームシアターの世界で絶大な評価を誇るアメリカ製スチュワート社のスノーマットを超えるようなスクリーンを純国産・日本の職人の技術を使って製作する」
それを合言葉に開発は進みました。
それが後にRecodis「グレースマット100」として製品化されます。

2011年初春 国産の手塗りスクリーン「グレースマット100」は多くのシアターインストーラー、評論家の方々にご支持を頂きました。
そして、2014年4K放送元年に新しい幕面「ドレスティ4K」を開発しました。
それまでは、4Kといってもプロジェクターでアップコンバートした2K映像しか観られなかったのですが、 ドレスティ4Kはその名の通り実際にネイティブ4K映像を幕面に投映し、それを観ながら開発を進めました。 ベースになる生地も2013年に発売したホワイトマットアドバンスキュアに変え、最新の映像に対応すべく、塗布剤や、配合比率を変えたり、細かく調整しながら何度も試作を重ねました。
そして、4K専用幕面と言えるスクリーンが誕生しました。
Recodisシリーズは職人が一枚一枚自らの手で塗り上げ、機械では出せない表情を作り出します。
スペックでは語りきれない映像美をぜひ体感して下さい。


※画像はイメージです。実際の塗布時には黒マスク部を養生します。

塗布は3回に別け行う

  • 1層目:下地塗生地と塗布剤をなじませる為の塗布作業。
  • 2層目:中塗スクリーンの反射面を作り出す。
  • 3層目:仕上塗全体を確認し、仕上げ用の塗布を行う。

各層の厚さは同じではなく、生地の個体差、その日の状況に応じて、 噴射音を聴きながら、ムラが出ない様にスピードと距離で調整し、塗布する。
マニュアルには書けない職人の経験が全てになる。

  • 層ごとにノズルを変える事で塗布量をコントロールする
  • ドレスティ4Kとグレースマット100では、異なる粒子のパール粉を使用している。
  • 塗膜の均一性を保つ為、その日の気温、湿度を確認し、塗布の具合を決める。

SPEC

幕面仕様

  • 拡散特性
  • ベース生地 ……………シャンティホワイト
  • PG(ピークゲイン) ……0.95 ±5%
  • 半値角 …………………85°以上

超高繊細かつ引き込まれるような自然な奥行き。
ハイコントラストが織り成す圧倒的な臨場感、躍動感を体感頂けます。 シネマに限らず4K収録コンテンツ全てにおいてその映像美を発揮します。

仕様・価格

電動巻上タイプ 100インチ〜120インチ(16:9)

100HD型
型番 カラー 標準価格(税別)
LE-100HDDM-W ホワイトケース 330,000
LE-100HDDM-K ブラックケース

※備考:標準上黒 最大400mm

110HD型
型番 カラー 標準価格(税別)
LE-110HDDM-W ホワイトケース 360,000
LE-110HDDM-K ブラックケース

※備考:標準上黒 最大500mm

120HD型
型番 カラー 標準価格(税別)
LE-120HDDM-W ホワイトケース 360,000
LE-120HDDM-K ブラックケース

※備考:標準上黒 最大500mm

幕面仕様

  • 拡散特性
  • ベース生地 ……………ホワイトマットアドバンス
  • PG(ピークゲイン) ……1.00 ±5%
  • 半値角 …………………85°以上

その名の通り繊細で品のある映像。フィルムシネマ特有の温かみ柔らかさを自然に再現してくれる。
しっとりとした映像がシネマファンに絶大な人気を誇るRecodisのリファレンススクリーン。

仕様・価格

電動巻上タイプ 100インチ〜120インチ(16:9)

100HD型
型番 カラー 標準価格(税別)
LE-100HDGM-W ホワイトケース 285,000
LE-100HDGM-K ブラックケース

※備考:標準上黒 最大400mm

110HD型
型番 カラー 標準価格(税別)
LE-110HDGM-W ホワイトケース 310,000
LE-110HDGM-K ブラックケース

※備考:標準上黒 最大500mm

120HD型
型番 カラー 標準価格(税別)
LE-120HDGM-W ホワイトケース 310,000
LE-120HDGM-K ブラックケース

※備考:標準上黒 最大500mm

※17:9画角、特注サイズもオーダーメイドで承ります。ご相談下さい。
※受注生産品につき、納品までにお時間を頂きます。

適視範囲角度とピークゲイン

スクリーンの適視範囲角度 スクリーンの生地の反射特性の違いにより、適視範囲角度(最適な条件で映像を視聴できる範囲の角度)が異なります。 ピークゲインが大きくなるほど見た目に明るくなりますが、その半面、視野角が狭くなっていく性質があります。
適視範囲角度は、通常のピークゲインの1/2(ハーフゲイン)値における視野角度(半値角)の範囲を指しています。 半値角が大きいほど視野角が広く、大勢で横に広がってご覧になるのに適しています。

スクリーンゲインとピークゲイン スクリーンゲインとは、スクリーン生地固有の反射特性を示したものです。 完全拡散板(標準白板)に光を当てた時の輝度(明るさ)をゲイン1.0として、同一条件下で計測した輝度との比率を表しています。
ピークゲインは、スクリーンの反射性能を表す基準で、スクリーンゲインの一番高い数値を指します。

図面

16:9 100インチ

図面ダウンロードCADPDF

16:9 110インチ

図面ダウンロードCADPDF

16:9 120インチ

図面ダウンロードCADPDF

展示店

販売店名TEL住所Dressty4KGraceMatte100
ヤマデン015-723-3000北海道北見市常磐町3-1-26
のだや 仙台店022-725-5193宮城県仙台市八乙女1-3-10
Audio Lab023-522-1224山形県鶴岡市上畑町5-27
のだや 郡山本店024-932-0254福島県郡山市本町1-3-8
オーディオ・サトー028-635-6789栃木県宇都宮市桜3-5-14
トムテック03-3200-4450東京都新宿区高田馬場1-16-15 1F
AURAS03-3582-6633東京都港区六本木5-17-1 AXISビル 2F
ホームシアター工房 横浜045-263-8790神奈川県横浜市中区北仲通3-36-2YLCビル 4F
Cadenza(カデンツァ)046-876-0777神奈川県三浦郡葉山町堀内172-1(葉山マリーナ前)
AV BOX054-284-1300静岡県静岡市駿河区小黒2-10-54
第一無線0532-54-5245愛知県豊橋市萱町17
アバック 名古屋店052-571-8810愛知県名古屋市中村区名駅南1-11-28 BRIO名南1F
NEXT Nagoya052-757-3355愛知県名古屋市千種町向陽1-11-14
シマムセン06-6632-2851大阪府大阪市浪速区日本橋4-8-11
アバック 大阪梅田店06-6949-8276大阪府大阪市北区西天満4-4-18
GLANCE0736-60-8904和歌山県岩出市吉田68-35
FOR MUSIC COMPANY025-265-6301新潟県中央区白山浦1-363
アンティフォン076-292-1475石川県金沢市間明町1-29
クリアーサウンドイマイ076-491-1568富山県富山市赤田775-2
アバック福岡092-432-0722福岡県福岡市博多区博多駅東1-14-25

※パネルサンプルになります。